FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

奥多摩:海沢、丹沢:神流川大岩沢 

柘植です。土日で行った迷走沢登りの報告です。
【メンバー】CL柘植・SL高梨・神山・大塚・石橋・長池・小俣・池田
【9/1(土)】 奥多摩:海沢
谷川湯檜曽本谷の予定だったが、上越方面悪天の見通しのため、曇/晴予報の奥秩父和名倉沢に向かうも現地は小雨模様。道の駅大滝温泉で鳩首の結果、なぜか奥多摩海沢に転進決定。雁坂トンネルを抜けると陽もさしてきて一瞬期待をもたせるが、柳沢峠を越えて丹波川に入ると再び小雨。現地に着いたのは昼前だったが、短い沢なので問題なし。20mロープ1本だけ持って全員空身で入渓。海沢初見参が3人おり、この3名中心に大いに盛上がる。海沢は何回来ても楽しめるところだ。「もえぎの湯」で明日の天気予報をチェックすると奥多摩は×だが、丹沢方面は△なので、明日の目標を裏丹沢神流川の大岩沢に決定。すぐに現地に向かい、神流川ヒュッテ脇のビジターセンター(のようなトイレ)の屋根下に幕営。
【9/2(日)】 丹沢:神流川大岩沢
神流川ヒュッテ7:00→(大岩沢遡行)稜線11:20→大室山11:40→犬越路12:45→14:00神流川ヒュッテ起きてみると予報通りマズマズの天気、ラッキー。丹沢の地図も大岩沢の遡行図もないので、事前に学習した記憶だけが頼り。少し迷いながらもなんとか大岩沢に入り込む。F1からF8までは息つく間もないほど滝が続くが、F4を巻いただけで他はすべて直登できる。かなり立った滝が多く、楽勝というのは少ないが、それだけに充実した沢登りができるところだ。F8を過ぎると三俣。中央をとると涸棚が続くがやがてツメの赤土ルンゼを登りつめると、大室山頂近くの稜線に出た。地図も遡行図もないので少し不安だったが、無事に終了できて一安心。山頂をピストンして下山。帰りは最近オープンしたばかりの「青根緑の休暇村いやしの湯」で汗を流してから帰葉した。
スポンサーサイト



△page top