fc2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

魚野川・北カドナミ沢 

【山域】上越 【場所】荒沢山、魚野川北カドナミ沢 【日時】07年6月24(日)前夜発
【メンバー】上茂・渡辺・長池 【天候】曇り後雨
【タイム】7:40南カドナミ沢出合~北カドナミ沢入渓8:00~上部20m2段滝終了点12:00。12:30下降開始~20m下のテラス13:10~滝下ザック回収14:30~16:30F1滝下降終了~17:00入
渓点帰着
【内容】仮泊を土樽駅と決めて深夜の細道を行くと、ライトの中に小さな野兎が現われて右に左に、我々を先導するかのようにピョコンピョコンと飛んでゆく。しばらくこの野兎君の案内に従っていくことにする。人気のない駅舎に着く、高速道路の騒音から逃げて駅舎の蔭のホームの片隅にテントを張る。さて宴会とビールの蓋を開けるやいなや、ゴーンと夜行列車が通過する。静かになったぞさて。やっ、グワ~ンと延々と貨物列車の通過音、10分後に、またっ、貨物だっ。たまらずテントを畳んで沢取付きの車置き場へ。やっと静かにおやすみだ。翌朝は予報に反して曇り勝ちの空。薮っぽい入渓点からすぐ、何やら樹々が騒がしい。警告板にあった熊か?いや、お猿さんの群れでした。水量は細いが序々に沢の雰囲気が出てくる。小滝が続く中に10~20mの滝がドシンドシンと現われる。苔で覆われた岩はツルツルと良く滑り、傾斜がなくてもうっかりしていられない。高巻をひとつ。高度を上げるとやがて両翼から雪崩で叩き落されて枯れた草木が積み重なり荒涼とした鍋の底のような地点に出る。正面は黒い20mの垂直滝。右は畳岩を逆層に積み重ねたようなスラブ層でダメ。左のガリーを20m上がり急な草付を右にトラバースして落ち口へ立つ。さらに20mの滝。階段状に見えるが、苔でツルツル滑り、追い上げられるように右の潅木帯に上がり集結。ロープを整理する。「おっと」何かの拍子にザックがくるっと2、3転したと見る間もなく滝下に消えてしまったではないか!
メインロープの45mはザックの中だ。残ったのは20m1本。一瞬、凍りつく面々。さーてどうする?20mをフィックスして降りる?2つの大滝クライムダウンなんか絶対無理だ。不安な思いが交錯する。だが、Sさんさすが!20mフルに懸垂する絶妙のアイデアを出す。(エイトノットの瘤を支点シュリングに引っ掛け、カラビナに懸垂ロープをくぐらせてノット末端に掛け、有りったけの細引き・シュリング・テープを数珠のごとく繋げてカラビナに結び回収用綱とする。懸垂後この綱を引いてロープを回収する方法)。やったー!成功だ。辿ったばかりの草付を戻り、ガリーを同様の懸垂手法でクリア。50mを落下したザックを回収。良かった、良かった。さて、もう下降と決める。だが”難関はまだ終わっていなかった。2本ロープでも懸垂不能の大滝を巻き降りることになるが、逆落としの急斜面に追い上げられて沢身から大きく離れてしまう。仕方なく生木にすがった腕力下降でへとへとになって沢身に降りる。以後はいくつかの滝を懸垂で、小さな滝は滑り台。折から振り出した雨で全身ずぶ濡れで林道に辿り着く。突然の出来事のおかげて、時ならぬトラブル対応を覚え、大高巻で久々の重労働。小動物の可愛さに、逃げ出した仮泊事件。なんだか充実感でいっぱいの1日だった!  (長池
記)
スポンサーサイト



△page top

奥秩父・古礼沢 

【山域】奥秩父 【場所】滝川本流~古礼沢 【日時】07年6月23(土)~24(日)
【メンバー】柘植・多田・小俣・石井・加藤 【天候】土=晴れ、日=曇り後雨
【6/23(土)】
豆焼橋8:30→11:30釣橋小屋12:00→(滝川本流遡行)16:45古礼沢と水晶谷二俣(泊)
滝川本流は3年前に末端(豆焼沢との分岐)から遡行したが、途中の釣橋小屋跡地からエスケープしてしまったので、今回がリベンジマッチだ。豆焼橋から釣人用?ショートカットルートで釣橋小屋跡地に下りる。3年前には蔦のからまった吊橋があったのだが、落ちてしまったのかもう影も形もない。前日は雨だったので増水を心配していたが、幸いそれほどでもなく、元気に出発する。しばらくは淡々とした渓想で癒し系の雰囲気。幕営敵地も随所にある。三本桂沢が左岸がから入るあたりから本格的なゴルジュになってくる。核心部と称される部分に到達するまでも我々にとっては決して容易ではなく、逆にかなり楽しませてくれる。よく写真に出てくる8m滝は
上部にFIXがあるが、使わなくてもそんなに困難ではない。その上の4m+2m滝は完全なツルツル壁を腕力頼みでトラバースする部分があり、女性にはきついようだ。残置シュリンゲが山ほどあり、足も入れられるが、そんなことをしているヒマがあったら振り子系で突破したほうがよいと思う。その先でブドウ沢を合わせるともう終盤かと思いきや、もう一箇所肝を冷やすトラバースがあった。そんなこともあり、古礼沢と水晶谷の二俣まで随分時間がかかってしまったが、安全第一、確実な確保は欠かせない。二俣には最高のテン場が整地されている。薪が少ないのが難点だが、みんなでかき集めて盛大な焚き火で本日の疲れをいやした。
【6/24(日)】
幕場6:45→(古礼沢遡行)11:40稜線→水晶山12:15→12:50雁坂小屋→15:55豆焼橋
右の水晶谷に分かれを告げて左の古礼沢に入る。古礼沢はところどころにゴルジュっぽいところがあり、滝もかけているが、全体としては優美なナメ沢だ。とくに上部には延々とナメ滝が続き、思わず歓声をあげてしまう。稜線に近づくと分岐がいくつもあるが、水量の多いほう、河床の低いほうをたどっていくとほとんどヤブこぎもなく水晶山と古礼山の鞍部付近に出られた。このころは小雨が降っており、はやく下界の風呂に入りたい50歳台は雁坂峠方面に直接向かうが、元気な30歳台1名は古礼山をピストン。雁坂小屋から黒岩尾根を下りて豆焼橋わきの出会いの丘に戻り、充実した2日間の沢旅を終えた。

△page top

甲斐駒・黒戸尾根 

天気予報が急変し、快晴マークに変わったので、一旦中止にした甲斐駒黒戸尾根計画を実行することに。23日土曜は本当に気持ち良い天気で、登山にはベストコンディション。無理せずゆっくり登り刃渡りあたりで目の前に地蔵のオベリスクが現れる。来てよかった~としみじみ。七丈小屋は開けたばかりのようで、まだ水が出ない状態だった。トイレは新築にて超気持ち良く使わせていただく。テントは目前が鳳凰三山の特等席で宴会も盛り上がる。翌朝は晴れていたが、だんだん雲が広がるも高いせいか山頂は360度の眺望でした。今年は残雪が多く谷筋は雪渓のよう。登山道は少しだけ雪がありましたがアイゼンは全く必要なし。仙丈 北岳はかなり残雪がある模様です。下山は難所を過ぎてから雨が降りだし、最後には本降りに。梅雨時にしてはまずまずかと満足な山行でした。前から行ってみたかったので嬉しかった。むろ

△page top

釈迦ヶ岳・鶏頂山 

釈迦ヶ岳・鶏頂山
村野@稲毛海岸です。

天気:晴れ
時間:鶏頂山登山口(10:10)-弁天沼(11:25)-稜線分岐(11:46)-釈迦ヶ岳
(12:32-13:00)-分岐(13:42)-分岐(13:57)-鶏頂山(14:11-14:36)-分岐(14:46)-弁天沼(15:05)-登山口(15:57)
メンバ:村野、学生時代の友人1名

鶏頂山登山口鳥居から登り始める。スキー場跡地を通り過ぎ大沼から弁天沼へ。
弁天沼で登山道は二股に分かれる。左登山道から釈迦ヶ岳を目指す。
歩いている前後に登山者がいる。結構人気があるようだ。
登山道は、土が削られごろた石がでている。稜線の分岐から展望が広がる。
稜線の道を左に進む。御岳山の頂上を越えて釈迦ヶ岳山頂を目指し登り返す。
ひと登りで仏像が待つ釈迦ヶ岳山頂に着く。釈迦ヶ岳山頂からは360度の展望が広がる。風が強い。仏像を風除けにして昼食をとった。
登ってきた分岐を見送り稜線をそのまま歩く。10分も歩くと次の分岐が出てくる。
そこからほんのひと登りで鶏頂山神社がある山頂へと着く。神社の横には避難部屋がある。
中に入り、コーヒーを入れて一休み。梅雨入りのはずだが風が強く晴れている。頂上でじっとしていると少し肌寒い。シャツを重ね着する。稜線を降りて、樹林に入るとすぐに汗ばんでくる。1時間と少しで車に戻った。

去年暮れ、鶏頂山に登っていたので釈迦ヶ山が残っていましたがこれですっきり。次は3月くらい積雪のある時期に行きたいです。
----

△page top