fc2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

富士山・富士吉田口 

【山域】富士山 
【場所】富士吉田口からの山スキー 
【日時】07年5月20(日)
【コース】登り:スバルライン5合目2304m駐車場(6:40)→本8合目3450m(11:30)
     下り:本8合目滑走開始(12:04)→滑走終了2450m(12:50)→5号目駐車場(13:50)
【メンバー】渡辺、鶴田、岡田 
【天候】晴れ・風強し
【内容】昨年の富士山初山スキーに感動し、今年も参加。当初ツボ足組も含めて10人程度の参加者がいたが、様々な事由により、山スキー3名で河口湖ICに向かう。朝方は快晴で、中央道からの富士山の風貌には、ただただ、見惚れるばかりである。

富士山5合目の駐車場に着くと、好天につき、雪を抱いた南アルプス・八ヶ岳など様々な山が見渡せる。駐車場にはすでに数組の山スキーヤーが準備をしていた。
5~7合目まで、火山岩の小砂利混じりの登山道が続く。ここまで雪は沢筋など、部分的だ。7合目からはアイゼン装着。高度を増すにつれ、風が強くなり、雪が固くなってくる。8合目からは寒さのため、持っていたすべての衣類を着込む。しかし、本8合目を過ぎて50m程進み、あまりの風の強さに登頂を断念。本8合目の小屋の陰で風を避けながら、下山(滑走)の準備をする。

この高度の雪は、雪が解けて再び凍ったテラテラ雪で、ちょっと滑ると、ザザーと、氷の小塊が雪面を滑り落ちていく。高度3000mを下がるまで、斜度と雪が少し緩い須走口の方へ滑り、途中から斜めにトラバースしながら、富士吉田口の方へ戻る。高度2800m以下になると、滑りやすいザラ目となり、ここからやっと華麗な(?)テレマークターンができるようになった。

夏道下山道に到着した所で滑走終了。ここから5合目駐車場までスキーを担いで歩く。気持ちの良い登山道で、終始晴天、河口湖・山中湖を見下ろせた。

5合目に戻ると、朝方とは打って変って、ここは観光地と化し、乗馬や外国人などの観光客でごった返していた。富士山を振り返ると、遥か彼方上方、黒い点々が下に向かって降りてくるのが見える。

来シーズンも、また来るぞ!と、富士山に挨拶をし、スバルラインを後にした。

                   (報告:渡辺トシ)
スポンサーサイト



△page top

富士山山スキー・富士吉田口 

【山域】富士山 
【場所】富士吉田口からの山スキー 
【日時】07年5月20(日)
【コース】登り:スバルライン5合目2304m駐車場(6:40)→本8合目3450m(11:30)
     下り:本8合目滑走開始(12:04)→滑走終了2450m(12:50)→5号目駐車場(13:50)
【メンバー】渡辺、鶴田、岡田 
【天候】晴れ・風強し
【内容】昨年の富士山初山スキーに感動し、今年も参加。当初ツボ足組も含めて10人程度の参加者がいたが、様々な事由により、山スキー3名で河口湖ICに向かう。朝方は快晴で、中央道からの富士山の風貌には、ただただ、見惚れるばかりである。

富士山5合目の駐車場に着くと、好天につき、雪を抱いた南アルプス・八ヶ岳など様々な山が見渡せる。駐車場にはすでに数組の山スキーヤーが準備をしていた。
5~7合目まで、火山岩の小砂利混じりの登山道が続く。ここまで雪は沢筋など、部分的だ。7合目からはアイゼン装着。高度を増すにつれ、風が強くなり、雪が固くなってくる。8合目からは寒さのため、持っていたすべての衣類を着込む。
しかし、本8合目を過ぎて50m程進み、あまりの風の強さに登頂を断念。本8合目の小屋の陰で風を避けながら、下山(滑走)の準備をする。

この高度の雪は、雪が解けて再び凍ったテラテラ雪で、ちょっと滑ると、ザザーと、氷の小塊が雪面を滑り落ちていく。高度3000mを下がるまで、斜度と雪が少し緩い須走口の方へ滑り、途中から斜めにトラバースしながら、富士吉田口の方へ戻る。高度2800m以下になると、滑りやすいザラ目となり、ここからやっと華麗な(?)テレマークターンができるようになった。

夏道下山道に到着した所で滑走終了。ここから5合目駐車場までスキーを担いで歩く。気持ちの良い登山道で、終始晴天、河口湖・山中湖を見下ろせた。

5合目に戻ると、朝方とは打って変って、ここは観光地と化し、乗馬や外国人などの観光客でごった返していた。富士山を振り返ると、遥か彼方上方、黒い点々が下に向かって降りてくるのが見える。

来シーズンも、また来るぞ!と、富士山に挨拶をし、スバルラインを後にした。
      (報告:渡辺トシ)

△page top

奥多摩・三頭沢 

【山域】奥多摩 【場所】三頭沢 【日時】07年5月20(日)
【コース】数馬都民の森(駐車)8:40→(三頭沢経由)大滝上10:40→12:00三頭山→13:30都民の森
【メンバー】CL柘植、小俣、大塚 【天候】晴れ
【内容】都民の森駐車場から5分ほど道路を下ると三頭沢の入渓地点。ここから4m滝と堰堤を越えると核心部のゴルジュ帯となる。ガイドでは巻きだが、ここはチャレンジしてみることにする。全員雨具上下で完全武装。4m+4m+5mと続くが、深い釜+猛烈な水量+きわどいクライミングで超充実。その上で左岸からの巻き道が降りてくるが、すぐに20mナメ滝+5mナメ滝と息もつかせずに滝が続く。入渓谷から1時間20分ほどで大滝下に到着。頭の上に観光客向けの滝見用つり橋がかかって落ち着かないが休憩して40m大滝の登攀ルートを探る。大滝も上部は結構シビアだったが大勢の観光客が見守る中無事登り終える。まだ時間も早いので三頭山を周遊ハイクして滝見つり橋に戻った。ここから大滝を眺め、おそこがどうだったこうだったと思い出話しに花が咲く。三頭沢はそれほど期待していなかったのだが、想像をはるかに超える充実した沢登りが楽しめるところだった。お勧めの一本です。

△page top