FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

世附川・水ノ木沢 

【山域】西丹沢 【場所】世附川 水ノ木沢 【日時】07年4月21(土)
【コース】山伏トンネル入口7:30→水の木分岐8:00→(西丸北東尾根~金山沢林道経由)菰釣橋10:00→水ノ木沢入渓地点10:30→(水ノ木沢遡行)14:15菰釣山14:45→(東海自然歩道経由)17:15山伏トンネル入口
【メンバー】CL柘植、SL小俣、大木、加藤、北崎、池田 【天候】晴れ後曇
【内容】
世附川は西丹沢の広大な流域を占めるが、交通が不便なのと滝登りを楽しむ沢ではないため、取り上げられることが少ないようだ。きれいなナメ滝の連続する水ノ木沢が本流筋にあたるが、どこから行ってもかなりの行動時間を強いられる。今回は最近はやりと思われる山伏峠からの周遊コースを選んだ。
 駐車スペースを出発してから一山こえて林道歩き1時間、計3時間のアプローチでようやく入渓。さすがに世附川はすごい。水ノ木沢は中流部の長いナメ滝が丹沢っぽくなく、奥秩父の東沢流域を連想させるところだ。途中の滝も特に難しいところはなく、楽しめながら登れる。最後は菰釣山に直接つきあげる急峻なルンゼ状で、1ピッチの岩登りでしめてくれた。
 あとは東海自然歩道をノンビリ出発地点に戻る。10時間近い行動時間だったが、丹沢の未開エリアに足跡を残せて有意義な山行であった。(柘植)
スポンサーサイト

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。