FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

02«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

栂池(山スキー) 

長池です。
定例山行栂池、山スキー隊の部の報告です。

【山域】北ア白馬山域
【場所】栂池・白馬乗鞍岳
【月日】3月16夜発~18日。「さんさんパーク白馬」仮泊
【メンバー】CL 長池 SL 鶴田 石橋 岡田 桑名
【天候】 17日:晴れ後曇り乗鞍岳は強風・濃霧
     18日:曇り後晴れ
【コース】17日、8:30ゴンドラ駅発-9:17ロープウエイトップ-9:30幕場-10:52幕場発-12:12天狗原-13:00白馬乗鞍-14:00幕場
 18日、8:51幕場-10:02天狗原-11:00振子折り返し点-13:00幕場-13:45駐車場
【内容】
◇17日:40分ほど雪洞掘削を手伝った後、シールを貼って、頂の見える乗鞍に向かう。
 天狗原への登りは程よく柔らかい雪で良いピッチだが、天狗から乗鞍の急登は雪面が硬く頂部付近のクラストでシールが滑り緊張する。 山頂で小休止中に天候が急変。一転して視界が閉ざされ雪面が見えない、横滑りを交え慎重に下降開始。中間から、うっすらと開けた薄墨の中でようやくショートターンが可能になる。天狗からは硬・重雪を強引に踏み割りながら幕場帰還。
 晩餐は、ロマネスク風「雪の宮殿」で豪華にいただく。
◇18日:頂部にガスが掛かり一抹の不安はあるが天狗への急登に向かう。昨晩の降雪で踝が沈む良い雪だ。天狗原に出る頃紺碧の天空が開ける。ラッキーだ。
 北端のヘリポートは賑わっている。ここでシールを剥がし、動物の足跡さえ無い純白の振子沢に飛び込む。何とすばらしい雪だ。これだよ、山スキーの醍醐味は!善ちゃんのテレマークが白煙を飛ばし、岡田さんが絶叫し、鶴ちゃんが雄叫びをあげる。谷が狭まったところでジ・エンド。満足感に浸りながら下降ルートを登り返す。
 天狗原からは昨日より東側のノートラックを狙ってトラバース。やや硬いがこの下降も絶叫ものだった。すばらしい純白の1日に“シーハイル!”
スポンサーサイト



△page top

栂池 

3月定例山行報告
【山域】北アルプス【場所】栂池高原【月日】3月16日夜発、17日雪洞泊、18
日14時解散
【コース】1、山スキー隊(栂池自然園~天狗原~乗鞍方面)2、つぼ足隊(自然
園~乗鞍)
     3、雪洞堀隊 (ひたすら雪洞堀)
【メンバー】山スキー隊      CL 長池 SL 鶴田 石橋 岡田 桑名
       ゲレンデスキー隊  CL 神山 SL 牧野 大塚 広木愛
       つぼ足隊       CL 高梨 SL土屋 東郷 沢田 西岡 
広木国
【天候】 晴れ、時々曇り 【雪質】 スキー(パウダー) 雪洞(硬雪)
【内容】 山スキー隊は後日詳しく報告あると思います。(全体について簡単に)
 16日 幕本郷 21時発ーー サンサンパーク白馬(仮眠)

 17日 仮眠地ーー栂池高原駅駐車場ーー村営栂池山荘ーー幕営地
 山スキー隊 幕営地ーー自然園ーー乗鞍方面
 Gスキー隊 栂池高原スキー場
 つぼ足隊  雪洞堀隊と合同で雪洞堀を楽しむ(???)
 15時 全体集合して、夕食準備 
 メニュー(特性カレー、キムチ鍋、多古米銀シャリ)
 懇親会 各自一品持寄り、(多数あり食べた人のみ知る)
 翌日の行動を考え、9時にてお開きとし蛍の光を聞きながら就寝する

 18日 6時起床 7時朝食(残したカレー、納豆、トロロ、漬物、多古米銀シャリ)
 つぼ足隊、山スキー隊(自然園ーー乗鞍ーー駐車場)
 Gスキー隊+有志(雪洞こわしーー駐車場)
 14時に全員駐車場に集合し解散する
 当初19名の参加予定であったが、15名の参加となる。山スキー、Gスキー、つぼ足と、中々一緒に山行が出来ないジャンルが参加し交流が出来た。雪洞も4時間をかけて掘った力作で、15人が食事、懇親会ができ、
10人がゆっくりと寝られる大きさで一泊では勿体ないくらいであった。
天気、雪質にめぐまれて、今期最後の定例山行にふさわく大いに満足できた。参加者の皆さん、ご協力有難うございました。

△page top

白毛門 

加藤です。
【山域】白毛門【日時】3月18日【天候】雪稜線風強い【コース】白毛門駐車場7:10→山頂11:50→駐車場3:45道迷い時間ロス1時間含【内容】登りは先行者のトレースがあり快調に進む。松ノ木沢の頭からは風でトレースも消え雪庇が右に出ている。旧会員のヒゲの松澤さんと出会う。左から雪壁を回りこみ頂上へ。以前見たクレバスはなかった。下山は視界が悪いので雪庇を避けなるべく右側を降りたが頂上から西に派生する尾根に入り込み(20分位降りる)他のパーティーも辿って来たので慌てて登り返す(40分位)ハプニングがあった。

△page top