FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

権現山 

三代川です。山行報告
【山域】高尾・陣馬【場所】権現山
【日時】2007年2月25日
【コース】腰掛9:50→北尾根→権現山12:20→北峰13:50→鋸尾根→杉平バス停15:40
【内容】権現山・北尾根・北峰だの名前があまりにいいので、選択した。白いパイプの橋を渡り、民家の家の前を抜け赤い橋を渡り左の階段を登り尾根沿いの作業道を渡る。TVアンテナをすぎ作業道に別れを告げ、尾根を直登をする。杉林をしばらく進むと右が杉・左が雑木林になる。970mを越えると、赤テープが出てくる。ここまでが、意外ときつかった。後は、軽いふみ跡と・赤テープが山頂まで、導いてくれる。権現山からは、美しい富士山がよく見え、大菩薩の尾根も美しく見えた。また、麻生山では、陽だまりの中・富士山を見入った。そして、下りは落葉のじゅうたんの上を気持ちよく下っていった。ちなみに雪も氷も霜柱もまったくなかった。また、権現山山頂で1パーティーに逢っただけで静かな山歩きが出来た。
スポンサーサイト



△page top

八ケ岳本沢温泉と根石岳 

加藤です。報告です。
【山域】八ケ岳本沢温泉と根石岳
【日時】2/24~25
【コース】稲子湯~しらびそ小屋~本沢温泉(泊)~夏沢峠~根石岳(往路を戻る)
【参加者】長池、上茂、平野、加藤
【内容】例年より雪の少ない稲子湯を出発する。本沢温泉では露天風呂の分岐にテントを設営し長池さんは白濁した露天へ、女性陣は屋根のある石楠花の湯へ。長池さんは強風にタイツを谷底に飛ばされ取りに行ったとのこと。翌朝も晴れ、稜線は強風で根石岳まで進んだが天狗岳は雪雲の中である。寒さと視界不良のため往路をそのまま戻った。

△page top

救助隊深雪搬出訓練 

田村です。関東ブロック救助隊深雪搬出訓練の報告です。
とりあえず皆さんにお願いしたいのは、①遭難しない、②遭難しても助かる用意をする、③セルフレスキューを身につける
以上です。

【場所】谷川岳・土合山の家、西黒尾根登山口
【日時】2/24(土、雪)~25(日、晴)
【参加者】田村、北崎、他計78人
【内容】
土曜、9時に山の家到着。積雪が30センチくらいしかない。10時45分から開会挨拶、スケジュール説明。昼食後、12時半から駐車場横でビーコン捜索のデモンストレーション。そのあと災害救助犬による捜索デモンストレーション。埋没者がビーコンを付けていない場合、捜索は非常に難航するが、救助犬は人間の匂いを頼りに1分くらいで埋没者をみつけてしまう。すごい!
2時に屋内に戻り梱包デモを見る。その後は、翌日の班ごとに別れて技術の確認。5時から雪崩事故事例の紹介。救助犬による北岳・大樺沢での捜索に関する講演。
いつものカニの夕食後、各県連活動報告。翌日のグループ訓練の打ち合わせ。0時まで懇親会をして、カメムシ臭い布団に入る。
翌日曜日、6時半起床、朝食。8時半、集合。各班に別れて行動開始。北崎さんの講習会グループは駐車場横でビーコン・プローブ捜索練習。実践、訓練グループは西黒尾根へ。登山指導センターの上部斜面で訓練開始。
雪をブルーシートに詰め、人に見立てて梱包、スケッドストレッチャーに載せる。グループ内で支点工作・引き上げ班4人×2、スケッド操作・負傷者看護の2人に分け、立木を使い1/3システムで引き上げ。約2時間で5ピッチ引き上げる。
その後、同ルートを1時間で引き下ろし、12時45に登山口に戻る。
訓練を重ねてきたおかげで、他県に負けないスピードで仕事をこなせるようになっている。千葉県連の技術も大分上達しました。

山の家に帰って反省会、15時半に解散となる。

来年度の幹事は千葉県連と決まりましたので、救助隊活動により多くの方が参加してくださるようお願い致します。

△page top