FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

6/24,25 七ヶ岳と荒海山(夏山+ちょっと沢?) 

【山域】南会津 
【場所】七ヶ岳と荒海山
【日時】2006年6月24日(土)~25日(日)
【コース】七ヶ岳=黒森沢コース~七ヶ岳縦走
     荒海山=八総鉱山跡からピストン
【メンバー】柘植(CL),竹下(SL)、三代川、澤田 
【天気】24日=晴れ、25日=曇り
【内容】
  七ヶ岳と荒海山は昔から一度訪れたいと思っていたところ。同好メンバーに声をかけて出かける。24日は予想外の好天で、まずメインの七ヶ岳に向かう。周遊コースを取れる黒森沢コースは途中までは単調な沢沿いの道だが、護摩滝から完全な沢登りルートになる。沢靴を持ってきてよかった。短いが美しいナメ滝をワイワイ言いながら登ると七ヶ岳の稜線に飛び出る。ほとんどどれが何山だか分からないが、見知らぬ山を眺めるのはとても楽しい。七ヶ岳の縦走路は思いのほか長く、また大小の登り返しがあって大変だったが、帰りの林道でウドやコシアブラなどの山菜を大量にGETできた。車につくとまだ15時前、日の長い季節なので近くの駒止湿原に向かう。ここは国の天然記念物だそうで、ワタスゲの大群落が見事だった。七ヶ岳と駒止湿原のセットはお勧めだ。会津高原駅前の「夢の湯」で入浴後、夜はみちの駅「たじま」で山菜をおかずに宴会。
25日は荒海山に向かう。ガイドブックによるとシャクナゲが満開のはずだったが、全然咲いておらず、ちょっとガッカリ。これほど何もない山も珍しい。しかし登山者は多く、なかなか人気のある山のようだ。山頂もガスの中で「行ってきただけ」の山だったが、個人的には永年の思いを果たせて嬉しかった。みちづれの皆さんはごくろうさまでした
スポンサーサイト



△page top

6/25 苗場山 

【山域】苗場山
【場所】新潟県
【メンバー】菊池(菅井)、菅井
【日時】2006年6月25日(日) 【天気】高曇り時々薄日
【行程】祓川コース:町営駐車場(1221m)(6:40)-和田小屋-下の芝-中ノ芝-上ノ芝‐神楽ヶ峰(2030m)-お花畑-(11::10)苗場山(2145m)(12::00)-往路を下山-(15:00)駐車場

今期、「花を愛でる山行」第2弾も平均年齢60歳の男2人だけの珍道中となった。
冬期、深雪パウダーを求めたブナ林を下ノ芝に向かった。タムシバ、ムラサキヤシオ、オオカメノキ、コイワカガミ、エンレイソウに小さなネマガリダケを少々いただきながらユックリ高度をかせいだ。冬期のシール登行開始地点付近の下ノ芝からシラビソの林は多量の残雪がみられた。中ノ芝から上ノ芝では、登山道はほぼ雪は消えており、ショウジョウバカマ、アズマシャクナゲ、カラマツソウがみられた。ルートは稜線に近くなると再び多量の残雪上となり、神楽ヶ峰直前から田代スキー場方面は滑りやすそうな、たっぷり残雪の中斜面が数百メートル、シラビソの林に続いており、スキーを担いでこなかったのが悔やまれた。雪面の緩いトラバースが過ぎ、登山道には雪がなくなり、神楽ヶ峰を過ぎたあたりから、待望のシラネアオイのお出迎え。花期がやや過ぎたせいか、花の数が少ない。それでも苗場山への急登前のお花畑のあたりでは、見事な数十の群落が見られ、満足満足。苗場山への登りに差し掛かるあたりはシラネアオイの群楽は多いが、日当たりが良いためか既に散った後であった。ミネザクラ(チシマサクラ?)、ナエバキスミレ、ツバメオモトを楽しみながら、最後の急登を終えると、一面残雪の頂上台地、一部池塘が顔を出しているところに水芭蕉が数株みられた。遊仙閣でネマガリダケの味噌汁をと思っていたが、残雪が多くまた時期が早かったようでありつけなかった。残雪で冷やしたビール・昼食・うたた寝と贅沢を貪り帰路についた。今シーズンの雪消えは2・3週間遅れているようですが、このルートはシラネアオイの見事な群落が楽しめ、ピークは例年6月中旬と思われます。


△page top