FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

6/17,18 和名倉沢 

「和名倉沢遡行報告」
【山行日時】6月17~18日(前夜発)
【参加人員】辻本、他会員外5名
山行前夜、大滝温泉の駐車場にて、改めて下山の検討をする。車が2台ある事で仁田小屋尾根を下山することに計画を変更。翌朝、1台を大洞林道のゲートまでデポし、和名倉沢に入渓。(8:10)曇り空から時おり日が差す天候で、新緑が谷間に映える。梅雨時のためか水量が多い。3m、4m、3m、5mナメ滝と小手調べの滝があり、石津窪4:1(9:10)を見送ると逆S字の弁天滝を右から巻き、4mの滝を過ぎた辺りから穏やかな渓相となる。右岸から枝沢が入ると再び滝群となり、直登が無理な5mは右から巻き、2条5mやナメ滝を過ぎると、右岸に氷谷1:3(10:40)が20m2段の滝となり現れる。5分ほど休憩。その後ナメ滝や淵が連続するが、どれもヘツリや直登が楽しめる。左岸からのワサビ沢3:1
(11:35)を過ぎ、大きな釜を持った8mの滝の手前でM氏が竿を出すと、25cmオーバーの岩魚が釣れた。そこからがいよいよ初日の核心部「通らず」である。ここで右岸の尾根を登り過ぎ、やせ尾根を木の根頼りに下降。結局、大滝の手前に出てしまい、手前の滝群は味わえず(13:10)。しかし大滝40mは豊富な水量で迫力があった。この釜でも岩魚が出た。大滝の右側ルンゼを登り、大滝を巻き、再び沢に下降すると右岸に船小屋窪1:2(13:50)が2段40mほどの滝となり出合う。その先で大きなテント場があり、少し早いが釣りと焚き火と酒のため、今夜のねぐらとする。
夕暮れに始まった焚き火は盛大に渓を照らし、〆張鶴が気持ち良く胃袋に沁み込み、岩魚の塩焼きに舌鼓を打つ。酒宴は続くが、8時頃に雨が降り出し、それを潮時にシェラフに潜り込む。
明けて7:30にテント場を後にする。直ぐにナメ床や滝が現れ、2段20m滝は左から巻き、続く3m、5m、3m、2m、2m、4mとナメ滝群を快調に登る。へそ辺りまでなら寒さも厭わずズンズンと釜に入りゴルジュを突破するが、右岸にシュリンゲが2本ある5m滝は増水のためかスタンスが無い。ここが本日のハイライトと何度も試みるが、落ちると釜は激流のため、あきらめて右岸を高巻く。巻き終えると小さなBP敵地があるが、せいぜい4人までのテント場だ。ここをBPとする計画でもあったが、下のBPで助かった。この辺りから雨が降り出し、雨具を着たり脱いだりする遡行となる。その後も渓は我々を飽きさせず、直登できる滝が
間断なく続く。私とK氏はシャワークライムになるのも恐れず、難所のトライを繰り返す。直登できる滝はすべてノーザイルで行けるので進行が早い。記録を取るのも覚束ないほどの滝群だ。
渓が奥秩父特有の苔の渓となり、深いグリーンがとても美しい。傾斜もきつくなった1630m付近の二俣を過ぎた辺りで、シートを張り雨中の昼食をとる。(11:40~12:25)
ツメは穏やかな樹林とシダの群落が広がる中、二瀬尾根の稜線にツメ上がる。(13:15)
雨に煙る和名倉山山頂に13:50に着き、記念撮影後、14時ちょうどに仁田小屋尾根を下る。藪漕ぎのルートファインディングだと想像していたのだが、結構、踏み後が着いている。迷いそうな箇所は2箇所あり、自分が引率できるか周りを見渡しながら進む。途中の仁田小屋に16:40到着。暫しの休息後、デポしてあった駐車場に無事下山(17:20)。
途中バテそうなのが二人でたが、まぁ標準タイムであろうと思われる。
下山後の大滝温泉で事件があり、仲間が脱衣所で財布を取られ、私も携帯電話を紛失し、警察の調書とか現場検証とかで、帰宅したのが12時を少し回ってしまった。幸い、携帯は翌日館内から出てきたが、油断をしてはいけない教訓となった。

(辻本記)

追補
自分のよく見てるHPに辻本さんの一週間前の和名倉沢の記録がありました。写真付き。
雪山大好きっ娘。
スポンサーサイト



△page top