FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

5/21 裏妙義・烏帽子沢右股と赤岩 

【山域】裏妙義 
【場所】烏帽子沢・右俣と赤岩
【日時】2006年5月21日(日)
【コース】国民宿舎7:30→木戸→烏帽子沢入渓地点8:40→(右俣経由)9:50稜線→赤岩基部10:20→赤岩山頂12:00→赤岩基部12:40→丁須岩13:45→15:15国民宿舎
【メンバー】柘植(CL),小俣(SL)、池田 
【天気】曇り
【内容】
  千葉を早朝(3:30)に出たので、国民宿舎には7:10に着いた。昨秋登った木戸前ルンゼの出合いを過ぎると木戸、さらに5分ほどで烏帽子沢分岐に着く。ここで沢支度を整えて入渓する。小俣さんがすでに左俣を登っているので、二俣までは迷うことなく到着。ここから右俣に入る。8m前後の快適な滝をいくつか乗り越えていくと1時間ちょっとで稜線到着。まだ10時前なので、予定通り赤岩を目指す。赤岩は縦走で基部をトラバースして通りすぎてしまうのが普通だが、登頂の記録がある。我々も是非登ってみたいと思い、丁須岩よりの道標の地点から薄いふみ跡をたどる。このふみ跡はすぐに途絶え、あとはひたすら急な山肌をよじ登る。赤岩は結構複雑に山襞や沢が入り組んでおり、帰りに迷わないようにするために赤布を大量に持参した。これを丹念につけながら前進。沢でも使用しなかったロープで確保しながら1時間半ほどで山頂着。沢登りに来たのかヤブ岩登りに来たのか分からない感じ。山頂はいくつものピークに別れており、一応最高峰と思われるピークに到着。目の前には急峻な烏帽子岩がそびえ立ち、あの山頂にもいつの日か立ちたいと思う。帰りは赤布を丁寧にたどり、丁須岩をへて国民宿舎に戻った。
スポンサーサイト



△page top

5/21 富士山山スキー 

富士山スキー山行報告
【山域】富士山・富士宮口
【日時】2006.5.21(日)日帰り
【メンバー】テレマーク:CL菊地、渡辺(俊)
      アルペン:岡田、長池
【コースタイム】6:15 新五合駐車場→9:55 3400m→11:35
山頂→11:50剣が峰→12:20お釜底→13:00雪渓上端→13:50
滑降終了点→14:30新五合駐車場
【内容】新五合駐車場は、山スキー壺足登山者で結構な賑わい

板を背負って六号2600mまでは夏道を歩く。ここからアイゼン
に履き換え雪渓をまっすぐに詰めてゆく。2800mあたりでイン
ゼル状のガレを渡り雪渓を乗り換える。以後天頂まで広大な雪
渓が一直線に延びる。雪は堅締りザラメでアイゼンが良く効く

3630mから雪が消えガレ道を登るがスキー靴では難儀だ。鳥居
をくぐり、浅間神社の社殿前を通って剣が峰へ。360°の眺望

が甲州側は一面の雲海と強風であった。記念撮影後、いざ、お
釜の奈落の底に向かって衝立の雪面に飛び込みショートターン
の円弧を刻む、すばらしい雪だ。ちょっとスリリングなキック
ステップで登り返し、往路を山頂に戻り社殿に手を合わせ、ガ
レを降りて、大きな雪渓の上端に立つ。裾野に向かって広い一
枚バーンが伸び、雪渓ははるか下方に視界から消えている。身
支度、気合を整え、天空に飛び込んでいく感覚、他では味わえ
ない。写真を撮り合いながら高度を落としていく。果てるとも
思えぬ長い時間だ。残念なことには中程からガスに巻かれた。
末端のインゼルを越え下部雪田へ最後のターンを思いっきり決
めて富士のフィナーレとした。
                       (長池記)

△page top