FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

4/8、9 救助隊訓練@谷川 

日時:2006年4月8,9日
場所:土合山の家
参加者:T村、T樫、広K、柘G
講師:埼玉県連 I井氏

8日の午前中はたたみの上でのシート梱包→ストレッチャー(スケッド社)を使った搬送のための作業の確認。
午後から実際に山の家の裏手斜面に出て梱包練習。
また、スノーバーを使って支点を作り、引き下ろし作業など。
スノーバーはざら目雪の場合、横置きが基本。三角の頂点が加重方向を向くようにセット。スリングをインクノットで中央に配置する。スノーバーを埋めたら、上からしっかり踏み固めて雪の結晶の「圧密→焼結」を行う。スノーバー同士の間隔は2m以上とらないと片方が崩壊したときにもう片方も巻き込まれることがあり危険。

夜も1/3、1/2、1/1引き上げシステム、カウンター、プロトラクション等々の説明。

9日は白毛門登山口まで移動し、3ピッチ引き上げ・引き下ろし作業とフィックスロープの設置についての訓練。引き上げ→引き下ろしへの切り替え作業の際にテンションのかかったメインロープをどうやって別のシステムに移動させるかが鍵。結び目通過も同様。

スポンサーサイト



△page top